株・FX・先物で勝てなかった人におすすめしたい、日経225オプション取引の魅力とメリットデメリット

オプション取引の基礎

はじめに

はじめまして!働くナマケモノです。

私自身、オプション取引を始める前、

・オプション取引ってとっつきにくい?

・難しそう・・

・よくわからない

というようなことを考えていました。

日経先物はやっていましたが、オプション取引は踏み込めないでいました。

先物取引に使う情報としてオプションの手口情報を調べている時にオプション取引に興味を持ち、色々調べているうちにその魅力にハマり、オプショントレーダーに転身したという経緯があります。

ここではそのオプション取引の魅力、メリットやデメリットなどを紹介していきます。

オプション取引の魅力・メリット

様々な状況に応じて対応できる

普通、株や先物、FXなどでは相場が上がるか下がるかを予想してポジションを取ることになります。

シンプルに上か下かロングかショート、株の場合は買いか空売りかという感じになります。

しかし、オプション取引の場合、上か下かだけでなく、様々な相場の変動に応じてポジションを選択することができます。

(ポジション例)

・相場が膠着状態であまり動かない

・上か下かどちらかはわからないけど大きく動く

・〇〇円までは上がると思うけど少し時間がかかりそう

・相場は上がると思うけど下がったときのリスクを減らしたい

ざっと上げてもこのような相場を予想したポジションを取ることができます。

他にも勉強すれば様々な相場状況に応じてポジションを選択することができるようになります。

リスクリワードをコントロールできる

相場を張っている時に敵になるものの一つとして「感情」があります。

相場が予想通りの方向に動き、含み益が膨らんだ時、「欲望」の感情が出ます。

すごい、これはまだまだいける!これは〇〇○万円も狙えるぞ!

結局行って来いで建値決済どころか損失になってしまってがっかり。

逆に相場が逆の方向に動いた時、どんどん膨らんでいく含み損を見て、「恐怖」の感情が出ます。

ある人は、いつか戻るしもうこのまま損を抱え続けよう、と塩漬けにしてしまいその後一向に相場が戻らず(株の場合)数年経過。

他にも、もう含み損に耐えられず、「もう無理!」とポジションを投げてしまい、天井で買わされたり底で売らされ、ひげで戻っていくなど。

もう少し耐えていれば損切りにならず、プラスにできたのに!

こういう経験は相場を張っている人なら一度や二度ではない経験があるでしょう。

こういう感情はトレードには邪魔なもので、欲望と恐怖は判断を誤らせます。

チャート分析がしっかりできている人でも、感情に揺さぶられ理にかなったトレードができなくなってしまうことはよくあることです。

そこでオプション取引です。

オプション取引ではポジションを組む段階で2つ以上のポジションを同時に取るスプレッドを組むことで損失と利益を完全に限定することができます。

邪魔な感情を排除したトレードをすることができます。

逆に、相場を読むのが得意な人は、損失は限定して利益は無限大、なんてポジションを取ることも可能です。

他にも、長期で株を保有しているという人で、不定期で来る大暴落に対してのリスクヘッジとして保険的なやり方も可能になります。

世界経済がわかるようになる

基本的には日経平均(日経先物)の動きだけを監視していれば良いのですが、日経225は日本国内の経済だけでなく、世界経済(特にアメリカ)や為替、国債金利、中央銀行の動向、国内外の政治動向、要人発言、需給関係など様々な要因や思惑で動いています。

特に日本株は半分以上が海外投資家になりますので、日本の情勢よりも海外情勢の影響を強く受けます。

日経平均が急変した時に、何が原因で急変したのかを調べることで色々な知識が身につきます。

逆に今世界で起こっていることを理解できれば相場の方向性の予想に役立ちます。

株をやっている人はそちらの予想にも役立つと思います。

夜間でも取引ができる

日中は仕事をしているという人が大半だと思いますが、日経225オプションは先物取引と同じくくりの金融派生商品ですので、日本の取引時間外でも取引が可能です。

日経225は海外、特にアメリカのダウ平均やナスダックなどの指数の影響を大きく受けます。

他にもアメリカの重要な経済指標の発表は日本の取引時間外のことがほとんどですので、そういった指標発表後のアメリカ指数の動きを見てポジションを取ることも可能です。

夜間の取引はFXや先物はできますが、日本株はできない(夜間取引もあるが取引量が少なすぎる)ので、株をやっている人にとってはメリットになりますね。

オプション取引のデメリット

ここまで良いことばかりを書いてきましたが、当然良いことばかりではありません。

デメリットも存在していますので、こちらでご紹介します。

単体ではリスクは非常に大きい

リスクリワードをコントロールできると先ほど書きましたが、オプションは単体では非常に値動きが大きく、ハイリスク・ハイリターン商品です。

日経225先物の変動にある程度連動していますが、銘柄や状況次第では一日に10倍以上に跳ね上がったり、80%以上下落したりする場合もあります。

オプション取引では2つ以上のポジションを取ることでこういったリスクをコントロールしていくことが醍醐味だと私は考えています。

単体での取引も可能ですが、ハイリスクハイリターン商品ということを覚えておいてください。

証拠金の管理が繊細

オプションの売り戦略を組み合わせる場合になりますが、証拠金の管理が繊細です。

オプション売りは単体だと損失無限大のポジションになるので、含み損が増えてくると証拠金が減っていって、追証が必要になってしまうことがあります。

証拠金の管理はマメにする必要があります。

仕組みが難解

ある程度覚えてしまえばそこまでという感じはしますが、最初は中々難しく理解に時間がかかるかもしれません。

ネット検索で出てくる用語解説や説明などは専門用語なども多用されていて理解が難しいものも結構あります。

オプションというのは非常に奥が深いもので、相当分厚い専門書も販売されています。

このブログではそういったわかりにくいところをわかりやすく、最低限何を覚えたら良いのかなどを解説できるブログにしていきますので、ぜひ今後も参考にしてください。

取引量が少ない

残念ながら日本ではまだオプション取引はマイナーな方で取引量が少ない状況です。

海外では活発に取引されていて、ダウなどの指数だけでなく、個別株、原油やゴールドなどの商品のオプションも古くから取引されています。

一方、日本ではオプション取引は日経225を原資産としたものしかありません。

オプション取引も株や先物と同じように板があり、同じように売買されているのですが、時間帯や期先の銘柄、DIMの銘柄などでは気配値からかけ離れたところにしか板がなく、すぐに約定しないということがあります。

一応マーケットメーカーという、取引所が認めている機関投資家が板を出しているのですが、やはり取引量は少ないです。

ただ、2023年の第1四半期にはオプションミニというものが新設されるということが決まっています。同時に日経先物マイクロミニというものも新設されます。

これを機に日本でもオプション取引をする人が増えてくれば良いなと思います。

※バイナリーオプションというものがFXの方でありますが、ここでいうオプション取引とは違うので除外します。

オプション取引はどんな人におすすめ?

3年以上相場で安定的に勝てるようにならない人

3年間相場で勝てるように真面目に勉強しているとなればある程度チャートを読めるようになっていると思います。

相場観は合っているのに一時的に予想と逆に相場が動いたり、思っていたよりも動かなかった、などあるかと思いますが、それをカバーする戦略を立てることができます。

逆にここまでは上がらない、ここまでは下がらないなどの予想を立てたポジションを取り、その幅を大きくすることで高勝率の戦略を立てることも可能です。

長い間安定的に相場で勝てるようになっていないという人は、まずは比較的勝率が高い戦略を立て、勝ちグセをつけていくということも、先物やFXよりもやりやすいのではないかなと思います。

実は私もそんな一人で、相場を始めてから3年以上安定的に相場で勝てなくて、勝ったり負けたりしている状況だったのですが、オプション取引を勉強するようになり、勝率が上がり、今までの負け分をコツコツと取り返せるようになってきています。

探究熱心な人

オプション取引というのは難解ですが、非常に奥が深く、面白い取引です。

オプションについて学びを深めると、様々な状況に応じたポジションを組むことができるようになります。

どういう状況の時にどんなトレードをすれば効果的なのか、などを考えながらトレードするのもオプションの醍醐味の一つです。

オプション取引はとても勉強のしがいがあると思うので、興味がある方はぜひ勉強してみてください。

まとめ

オプション取引について興味を持っていただけたでしょうか?

2023年のオプションミニが開始された後にこのブログを見に来ていただいている人もいるかと思います。(2022年11月執筆)

オプション取引はリスクとリターンをコントロールし、戦略を立てながら取引ができる唯一と言って良い商品です。

オプション取引に興味を持っていただいた方、ぜひオプション取引を勉強していってください。

今までの相場とは違ったものが見えてくると思います。

このブログでも様々な戦略や知識を紹介していきます。

今後ともよろしくお願いします。

内容がためになったと思ったらこちらのボタンを押して応援よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓
にほんブログ村 投資ブログへ
↓ ↓ ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました